» お問い合わせ

お問い合わせ

無人で検温!
感染リスク低減減!
サーマルカメラ

お問い合わせ

サーマルカメラの販売・リース・レンタル承ります!

サーマルカメラは、経済活動を継続する上で、人が集まる場所での効果的な対策が求められています。

弊社調べですが、ほとんどのゴルフ場では、サーマルカメラを導入しています。
ある企業では、入口だけでなくオフィス内の導線にも、サーマルカメラを複数台設置しております。
体温異常者を入場させないことはもちろんですが、勤務中の体温変化(体温異常)をスピーディーにキャッチすることで、下記のような例を起こさないことが企業にとっての責務と考えております。

例)〇年〇月〇日新型コロナウイルス感染者の発生について
当該従業員は、勤務中マスクを着用し、〇月〇〇日が最終出勤日です。濃厚接触者・・・・・等。

よくある感染のお知らせです。

出社時は正常体温でも、勤務中に体温異常をしていると考え、体温異常をいち早くキャッチするために、入口だけでなくオフィス内の導線にも、サーマルカメラを複数台設置しております。

サーマルカメラ(サーモグラフィ)の販売・リース・レンタル検温カメラ

アクセスコントロール&サーマルAIカメラ NSAC-TH1001

表面温度を瞬時に計測! AI顔認証による人の管理も可能!

■顔認証と同時に、表面温度を瞬時に計測可能です。

■マスクをした状態でも認識が可能です。

■設定した温度以上を検出すると、アラーム出力が可能です。

■リレー出力を利用して、自動ドアなどの開錠も可能です。

■PCを接続することで、別室からの管理が可能です。

サーマルカメラの特徴 NSAC-TH1001

測定誤差±0.5℃の高精度検知非接触で、リスクを軽減します。

AI(人工知能)により、測定ポイント(人物の額)を正確に捉えることで安定した測定が可能です。

また、非接触で行われる測定は、誤差±0.5℃の高精度測定です。
測定温度があらかじめ設定した以上の温度の場合には、画像アラートで即座に通知し、検査する側のリスクを抑えることに貢献できます。
病院や公共施設・ホテル・オフィスなど、多くの人が集まる場所の入口での測定としてオススメです。

※表面温度分布を測定する機器ですが、体温計等の医療機器ではありません。

AI 顔認証システム搭載
顔認証とID管理で顧客情報を管理
入退ゲートなどとの連携も可能

顔認証とIDで管理することで、従業員の顔を社員証として活用でき、勤怠管理や特定のエリアへの入室を管理する際、今までの社員証での管理で発生していた本人のなりすましや代理チェックインアウトを防ぎ、セキュリティーと勤怠管理情報の安全な運用が可能になります。

体表面温度測定と顔認証の仕組み NSAC-TH1001

製品 NSAC-TH1001

その他オプション